善玉菌を増やすオリゴ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

腸内環境を改善すると、便秘も改善されていきます。腸内には、善玉菌と悪玉菌、日和見菌が生息。理想的な腸内環境は、善玉菌多めでバランスよく菌類が生息している状態です。というわけで、善玉菌を増やすことが先決になります。善玉菌を増やすためには、そのために役立つ食べ物をとるのが効果的です。例えば、代表的なのが、オリゴ糖。オリゴ糖は糖の一種で、タマネギやゴボウなどにも多く含まれています。

オリゴ糖は、胃や小腸で消化されにくいのが特徴。そのまま大腸に届きやすく、大腸にはビフィズス菌の恰好のエサとなります。オリゴ糖を毎日摂取してビフィズス菌をどんどん増加させれば、悪玉菌の働きは弱ってきます。腸内環境を無理なく整えるためには、オリゴ糖が大きな力となってくれるのです。

もう一つ、オリゴ糖の働きとして嬉しいのが、老廃物を排出してくれるということ。食物繊維のような働きをしてくれるわけですが、食物繊維にはできないビフィズス菌のエサになることもできるのがオリゴ糖の頼もしさです。オリゴ糖は、腸内で余分な老廃物を吸着し、排出しやすくしてくれます。これにより、便秘が解消されるのです。体に負担をかけず、便秘を改善するには、オリゴ糖に目を向けてみるのも一つの方法です。