オリゴ糖の摂取方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

オリゴ糖は、どのように摂取すればよいのでしょうか。玉ねぎやゴボウに多く含まれているオリゴ糖は、野菜などの食材からとる方法もあります。最近ではオリゴ糖のサプリメントもたくさん出ていますから、市販のサプリメントを利用するのも便利です。あるいは、甘味料として出ているオリゴ糖を利用してみる方法もあります。

甘味料や食材からオリゴ糖を摂取する場合、カロリーや糖質などに気を付ける必要があります。オリゴ糖は熱に強く、調理しても影響がないのがメリット。とはいっても、なるべく吸収しやすい方法で摂取するほうが効果的なのは事実です。甘味料になったオリゴ糖の場合、ヨーグルトやグラノーラなどに振りかけて食べる、お菓子作りの材料にする、スムージーに入れるなどの方法もあります。少量のオリゴ糖を水やお湯に混ぜ、オリゴ水として飲むという方法を実践している人もいます。

さらに効果的にオリゴ糖を摂取するためには、タイミングや組み合わせを考えてみるのも良い方法です。ビフィズス菌と相性が良いことから、ヨーグルトと合わせて食べたり、ミネラル吸収促進作用を活かして、ミネラル分の多い食事をしたりしたときにオリゴ糖を摂取するのも、おすすめ。無理なく続けることも、大事なポイントです。

善玉菌を増やすオリゴ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

腸内環境を改善すると、便秘も改善されていきます。腸内には、善玉菌と悪玉菌、日和見菌が生息。理想的な腸内環境は、善玉菌多めでバランスよく菌類が生息している状態です。というわけで、善玉菌を増やすことが先決になります。善玉菌を増やすためには、そのために役立つ食べ物をとるのが効果的です。例えば、代表的なのが、オリゴ糖。オリゴ糖は糖の一種で、タマネギやゴボウなどにも多く含まれています。

オリゴ糖は、胃や小腸で消化されにくいのが特徴。そのまま大腸に届きやすく、大腸にはビフィズス菌の恰好のエサとなります。オリゴ糖を毎日摂取してビフィズス菌をどんどん増加させれば、悪玉菌の働きは弱ってきます。腸内環境を無理なく整えるためには、オリゴ糖が大きな力となってくれるのです。

もう一つ、オリゴ糖の働きとして嬉しいのが、老廃物を排出してくれるということ。食物繊維のような働きをしてくれるわけですが、食物繊維にはできないビフィズス菌のエサになることもできるのがオリゴ糖の頼もしさです。オリゴ糖は、腸内で余分な老廃物を吸着し、排出しやすくしてくれます。これにより、便秘が解消されるのです。体に負担をかけず、便秘を改善するには、オリゴ糖に目を向けてみるのも一つの方法です。